披露宴に参列される前にチェック

意外に気にしていない方が多いようなのですが、下記の点は結婚式(いわゆる披露宴)ではNGです。
二次会や、1.5次会でもカジュアルな場ではこの限りではないと思いますが、披露宴に参列される際はぜひ押さえておきましょう。

 

こうしたマナーを面倒だと感じる方もいるのかもしれませんが、披露宴での身だしなみはそれ自体が新郎新婦やご親族の方へのお祝いの気持ちです。あまりにマナーを知らないと思われるファッションは、新郎新婦やそのご両親の顔に泥を塗ることにもなり兼ねません。ぜひ事前にご確認くださいね。

 

 

・ストッキングは肌色
ワンポイントでラインストーンが付いている程度のものは大丈夫ですが、いくら薄手でも黒や色物は相応しくありません。
また、プリントがされている柄ものはカジュアルなアイテムですので、二次会などで着用する文には問題ありません。

 

 

・ミュール、オープントゥは禁止
女性の足元はパンプス一択です。
妊婦さんや怪我をされている方などはフラットシューズもありでしょうが、そうでない限りはヒールのあるパンプスを選びましょう。

 

ヒールが太いもの、ウェッジソールもやはりカジュアルなアイテムですので、披露宴には適しません。
足が痛くなってしまうという方は、会場で履き替えてもいいかもしれませんね。(筆者はヒールが苦手なので必ず会場で履き替えています)

 

また、パンプスであっても、オープントゥは「つま先が出る」→「妻が先に出る」と言われることから避けた方が賢明です。

 

 

・ツーピースは厳禁
振袖(未婚の方に限る)、留袖、もしくはワンピースなどのドレスを選びましょう。
ツーピースは、いくら上品なものであっても「別れる」「切れる」忌み言葉に該当しますので結婚式には適しません。

 

最近はオールインワンもフォーマルウェアとして認められているようですが、格式の高い会場であったり、しきたりに厳しいご両親でしたらゲストとしては避けた方が無難です。

 

 

・ワンピースは無地のもの
ワンピースの色味については皆さん気にされている方も多いと思います。白はもちろん、写真に白っぽく写るベージュやパステルピンク、パステルイエローなども積極的には選ばない方が無難かと思いますが、柄ものはカジュアルなアイテムですので、やはり披露宴には適しません。

 

花柄などは華やかですが、二次会や謝恩会などで着用しましょう。

 

 

・毛皮やファーも避けて
結婚式では、毛皮やファーは殺生を想像させるため避けましょう。
二次会でファーのストールなどは華やかでよいと思います。

 

 

・ノースリーブ、ベアトップは昼のお式ではNG
ノースリーブはデザインによりけり、ボレロを羽織れば昼間も大丈夫ですが、ベアトップは昼のお式では避けましょう。
逆に、夜のお式ではベアトップでも問題ありませんが、挙式の際はせめてショールなどを羽織りましょう。

 

 

 

また、同級生などの結婚式への参列が続き、同じ顔触れが揃うので同じドレスが気まずいという場合は、レンタルドレスなどをうまく利用してはどうでしょうか。

 

ぜひマナーを守って、お祝いの気持ちを届いてくださいね。